レパルガッサ偽装 軽業レパルダス始動構築(第2回からきおす杯ベスト8、童貞杯優勝構築)

f:id:pakorin_poke:20171112180219p:plain

 

あいさつ

初めまして。りんごと申します。

趣味はエロゲーのプレイとエロ同人の朗読です。

ポケモン対戦につきましては5世代からやっておりますが、今更ながら初めて構築記事を書くことにしました。

今後とも、よろしくお願いします。

 

早速ですが、下記にて構築紹介します。

 

構築に至る経緯

まずレパルダスの使用率についてですが、oras終盤から今シーズンにかけてこのように採用率が変化してます。

ORASシーズン17シングル:101位

SMシーズン6シングル:263位

好んで使用していたのにここまで採用率が落ちるほど環境的に向かい風になっているらしいレパルダスを何とか活躍させたい、と思ったのが構築のきっかけです。

 猫の手催眠のレパルダスを扱ってみましたがやはりどうにも上手くいきませんでした。それならば偽装つかってみようかな、と。

しかし余りに結果が振るわず、そもそも「悪戯心が通りにくくなった環境」なんだなと改めて痛感しました。 そこで悪戯心ではなく特性“軽業”を思い切って選択してみました。 結果、期待した以上のものが伴ってきました。

 

個体紹介

レパルダス@気合の襷(特性:軽業

124-140(252)-55-x-56-173(252)

欠伸/守る/アンコール/叩き落とす

このポケモンを見て悪戯心前提で動いてくれる方が多く、悪タイプやカプ・テテフ、またレパルガッサ偽装と銘打ってるだけあって草タイプに引かれることが多かったです。

基本先発で出して欠伸からうちます。もし襷を温存したまま欠伸が通れば一回分の行動アドバンテージが取れ、叩きを二度入れられるため、相手の選出した二匹に「襷とスカーフの可能性を潰す」事ができ、裏のゲンガーを通しやすくできます。

また、特性が「軽業」のため、襷が発動すれば素早さ実数値が346になり、最速スカーフフェローチェまで抜けるみたいです。ですので死に際の行動がほぼ上から通りました。

この「守る」という技は様子見で打ったり、アンコールにつなげる技として何かと便利でした。

余談ですが、軽業発動を期待して個体値をかなり下げた結果、C振りスイクンの熱湯で襷発動圏内までいきました。ヤバイ。 性格はせっかちの方がよかったかなーと思います。

 

キノガッサ@ 毒々玉(特性:ポイズンヒール

155(156)-151(4)-112(92)-x-80-134(252)

キノコの胞子/身代わり/ローキック/宿り木の種

キノガッサ@拘り鉢巻(特性:テクニシャン)

136(4)-200(252)-100-x-80-122(252)

馬鹿力/マッハパンチ/種マシンガン/岩石封じ

レパルダスや後述のランドロスの封じで起点を作り全抜きを期待してポイヒ型を運用してみましたが、全く選出できずPTに削ぐわない構成かと感じました。

鉢巻に転向したところ、重いナットレイカバルドンバンギラスポリゴン2その他鈍足高耐久に対しワンパンで処理してくれたため採用は正解でした。ミラーにもそれなりに強いように思います。 ただそれでも選出率は依然として一番低かったので、ここの枠は再検討でした。

 

ゲンガー@メガストーン

165(236)-×-81(4)-152(12)-96(4)-178(252) ※メガ前

ヘドロ爆弾/祟り目/身代わり/鬼火

構築を組む上でゲンガーに二つの役割を与えました。

エース意識

レパルダスの欠伸・アンコールを盾に身代わりで起点を作り1:2交換以上を狙って行きます。鬼火によりそこそこの対面性能もあるので身代わりの張り直しも割とできました。

サイクル意識

レパルダスでの起点づくりが厳しい相手の場合(コケコ、レヒレ入りなど)、サイクル戦に持ち込み影踏みキャッチによるサイクルカット枠として選出します。鬼火をいれて裏に無理やり受けさせる動きがそこそこ強かったです。

 

スイクン @食べ残し

204(228)-x-155(44)-110-135-135(236)

身代わり/ 守る/瞑想/熱湯

↓参考元(無断転載なので問題あれば消します)

参考元にある通り、サイクルの中で熱湯の試行回数を稼ぐか、瞑想の積みエースとするかはその時々で考えなければなりませんでした。 レパルダスの欠伸が入った相手が蜻蛉ルチェンで逃げようとするのを許さない「守る」でアドを稼ぐ動きが出来たのが面白いかと思います。

 

霊獣ランドロス@突撃チョッキ

195(244)-188(44)-111(4)-×-124(188)-115(28)

蜻蛉返り/地震/岩石封じ/地割れ→大爆発

↓参考元(無断転載なので問題あれば消します)

レパルダスで起点が作れないコケコに対してピンポで入れた枠。コケコのめざ氷が確定3発らしいです。強い。 ゲンガーとの相性が最高で、とんぼ返りによる影踏みキャッチの動きがとても強いと思います。

カバ、ポリ2意識で地割れを採用していましたがガッサの個体変更でそれほど重くなくなったため、マンダに対しての身代わり起点回避を意識して大爆発を採用しました。瞬間火力が高く、無理な相手と1:1交換できるため、それなりに打つ場面が多かったです。

 

ミミッキュ@フェアリーz

151(164)-143(156)-124(188)-x-125-116

剣の舞/じゃれつく/影うち/シャドークロー(→トリックルーム

↓参考元(無断転載なので問題あれば消します)

マンダピンポメタで入れた枠。 皮剥げても捨て身を耐えられるのは本当に強かったです。マンダが見えたら絶対に選出してました。 技構成についてはシャドークローを打つ場面がほぼなかった為、トリックルームに変更しました。トリルから裏のキノガッサで一貫作れて勝てた対戦もあって変更は正解かと思います。

 

構築で重い相手

パルシェン

ランドロスの選出を余儀なくされた際に起点になりかねない。死に出しでパルシェンと対面しないよう、大爆発を打つ場面を見極める。

ハッサム

処理ルートがゲンガーの鬼火祟り目か、スイクンの熱湯で焼くかのみ。積まれたらどうしようもない。

リザードン

まともに戦えるのがランドロスだけ。 Yの場合、天候ターンさえ稼げばスイクンで勝てるが、後手後手の試合となる。

バンギラス

砂ダメージや吠えるなどの流し技が痛い。ゲンガーからの有効打がないため、追い討ち持ちは更に厄介。

イーブイバトン

奇跡的に一度も選出されてないけど今の構成だと100%負ける相手。ガッサが強く出れそうだが、イーブイバトンの起点要員の大半がガッサに強いからダメ。ミミッキュの剣の舞を呪いに変えれば一応対策出来る。

・霊獣ボルトロス 高速移動による切り返しができること、皮剥がれたミミッキュに電気Zでワンパンしてくることが強い。

ゲッコウガ

型が多すぎて選出が歪んでしまう。レパルダスで削りを入れてゲンガーでワンパンするのが多分ベスト。

 

 

最後に

実績としましては次の通りです。

・第2回からきおす杯ベスト8(3-1)

・童貞杯(4-0)

レートに関しては、1900台をウロウロしてましたがリアルがバタバタしていた時期もあって本腰入れて潜れなかったのが悔い残ります。

 

もうすぐウルトラサンムーンが発売されますし、時間割いてレートにも取り組もうかと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございます。