リースって知ってるか?

※金融知識の全くない超初心者向けの記事です。

f:id:pakorin_poke:20200312114934j:plain

 CMとか広告でたまにリースってことば、目にしませんか?
なんとなく「借りられる」といったイメージはあっても、「レンタルとどう違うんだろう」って思ってる人、意外と多くないですか?

本記事ではリースの特徴を簡単に紹介します。


(1年ぶりの記事がポケモンじゃなくていいのか…?)

 

 

 目次

 

 

1.レンタルとリースの違いは?

 

 

早速本題に入りましょう。

まずレンタルとリースの違いはなんでしょうか。

 

レンタル (rental) とは、代金と引き替えに商品を一定期間貸し出すことをいい、賃貸とも言われる。


リース(lease)とは企業などが選択した機械設備などをリース会社が購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する事。

  (wikipedeiaより引用)

 

ということです。ちょっとわかりにくいですね。

 

簡単に表を作ってみました。

f:id:pakorin_poke:20200312214938p:plain

 
噛み砕いて言うと…
レンタルはお店のものを一時的に借りられ、いつでも返せる契約。
一方でリースは、私たちが欲しいものをお店が購入して、それを私たちが借りることができ、一定期間は(原則)解約できない契約、という違いですね。

 

ポケモンで例えると、
僕のボックスにいるミミッキュf:id:pakorin_poke:20200312125458p:plainを貸して、一週間以内に返してねーってのがレンタル。
僕のボックスにいない色違いラプラスf:id:pakorin_poke:20200312125529p:plainを僕が個体用意して、3年間貸すけどその期間は返せないよーってのがリース。

貸してる間、対価として僕にポイントアップf:id:pakorin_poke:20200312125759p:plainを献上することはどちらも共通してるわけです。

ミミッキュレンタルだせます。僕と契約しませんか?

 

 

2.リースのメリットは?

 

途中解約のできないこの契約の何がいいんだ!
それなら普通に買った方がええやろ!って思う方もいらっしゃるかと存じます。
そこでメリットを大きく3つに分けて紹介します。

 

・最新設備の導入f:id:pakorin_poke:20200312213657p:plain
これがレンタルとの決定的な違いですね。
先述のとおり、顧客が希望した物件をリース会社が用意して貸し出してくれるわけですから、初期投資を抑えて最新のものを買えちゃうわけです。

 

・所有権がリース会社に帰属するf:id:pakorin_poke:20200312214024p:plain
通常の購入をすれば自分のものになります。

その一方でわざわざ自分のものにならないリース契約の何がいいのか。

「固定資産税」を自分が負担しなくて済むこと、「動産保険」をリース会社がかけてくれること、また、企業にとって「オフバランス効果」が望めること(何言ってるかわからんかったら直接ぼくに聞いてくれ)、これらがプラスに働きます。

 

・コスト管理f:id:pakorin_poke:20200312213905p:plain
いわゆる「費用の平準化」が図れます。ある一点で一気にお金が出ていくのではなく、毎月決まった金額が出ていくことで、コスト管理がしやすいわけです。

 


3.リース以外の買い方って他にある?

 


有名なものでいうと「割賦購入」という方法があります。身近なもので言うとスマホとかそうですね。支払い方法はリースに近いんですが、最終的に所有権が購入者に移転する点が大きな違いです。

f:id:pakorin_poke:20200312214146j:plain

 

一応補足しとくと、今回の記事はあくまで簡単な紹介なので参考程度になればと思います。

また、本記事以外にも購入する手段はもっともっとあります。まじで。

 

会社の投資など経営に興味ある学生さんは今のうちに勉強することを勧めますよ

もし本内容でもっと知りたい、聞きたいことがあれば@pakorin_pokeまでどうぞ