TOP25%禁止杯使用構築&反省会

使用率上位25%のポケモンが禁止になった大会に出たので、その備忘録をつらつらと。
http://taraco08.seesaa.net/article/474790937.html

 

〇コンセプト
トリルオニシズクモダイマックスを通す

 
〇使用構築

オニシズクモ@鉢巻
特性:水泡
性格:意地っ張り
技構成:アクアブレイク、吸血、噛み砕く、寝言
実数値:173(236)-134(252)-113(4)-x-153(4)-64(12)


今回の軸。S振ったサイドンとミラーの上をとるために若干Sを伸ばした。
マニュも吸血から入ることで対面突破でき、かなりの対面性能があったと思う。
ダイマと渡り合えたけど、こいつにダイマ切る動きは微妙だった。

 

ドータクン@防塵ゴーグル
特性:耐熱
性格:冷静

技構成:トリックルーム、徹底光線、サイコキネシス、岩雪崩
実数値:174(252)-110(4)-152(124)-121(84)-142(44)-34 ※最遅個体

 

書きなぐったら見づらかったから箇条書きで。
オニシズクモとタイプ補完がかなり良いトリル始動役。
・飛行を受けることが多そうだったから、特性は耐熱。(熱風意識)

・トリル+徹底光線でターンを無駄にせず退場できる。
・ゴーグル+岩雪崩でバタフリーラフレシア、モスノウに役割が持てる。
・絶妙な耐久があり、目安はタイレーツのA+1ダイアークを確定耐え。
ダイマ切っても意外と強かった。

 

フライゴン@ヤタピの実
特性:浮遊
性格:臆病

技構成:大文字、ギガドレイン、竜星群、身代わり
実数値:156(4)-x-100-132(252)-100-167(252)

 

今回の構築で一番考察した枠。
結論から言うと、氷ロトムサイドン、アロペルあたりへのメタ。
ヤタピ発動後の火力が下のとおり。
・大文字
無振り氷ロトムを確定
H252振り氷ロトムをステロ込みで確定
ギガドレイン
H252輝石サイドンを確定
無振りガメノデスを確定(C上昇していなくても87.5%で倒せる)
・竜星群
H252アロペルを93.7%で倒せる

C上昇だけでなく、ダイマターンを稼いだり補助技を防げる身代わりは悪くなかった。

 

ツンベアー@命の珠
特性:雪かき
性格:意地っぱり

技構成:氷柱落し、馬鹿力、じゃれつく、剣の舞
実数値:171(4)-200(252)-100-x-100-102(252)


ダイマ前提の枠。
初手ダイマで相手のサイクルをぐちゃぐちゃにしたり、裏に隠して最後に通す、って動きを基本で。後述のアロペルの捨て台詞を起点に剣舞を積むことも可能。
ダイフェアリーで状態異常にも耐性を持てる点が強かった。

 

ペルシアン(アローラ)@オボンのみ
特性:ファーコート
性格:図太い

技構成:イカサマ、捨て台詞、挑発、嫌な音
実数値:172(252)-x-105(124)-x-85-152(132)


トリルなり壁なりの展開を阻止したり、クッション役をさせたりした。
嫌な音はイカサマの打点を上げたり、ボディプレスの火力を削ぐ動きができた。
ちなみに嫌な音の命中率を100%だと思ってた(外した)

 

サイドン@襷
特性:石頭
性格:勇敢

技構成:地震、ロックブラスト、ステルスロック、メタルバースト
実数値:212(252)-200(252)-140-x-66(4)-40 ※最遅個体

ダイジェッタ―に強い襷枠を探していた時に思いついた地雷型。
輝石持ちと誤認させられる点が一番のポイント。メタバで有利不利を逆転できる。
他にもステロを撒くか、対面となぐり合うか、柔軟に選択できるのが強かった。
火力に振り切ってるからトリルエースとして動かすことも可能。


〇反省
結果は8-7。200ちょいくらいの順位。ダメダメ;。;
運が―って言うのはみっともないから運以外の要素で反省点を。

 

・モルペコが重かった
オニシズクモドータクンの並びをゴリ押されるからマジで無理。

 

・全体的に状態異常への対策が薄かった
素催眠とはいえ、バリヤードに眠らされて終わった対戦があった。バリバリ~

 

・メタってたアロペルが全くいなかった
FFも同じこと言ってたけど、使用側になると使われなかった理由がわかる。物理はともかく特殊が思った以上にペラいわ。負けん気勢(タイレーツ・ナゲツケサルあたり)にもめっぽう弱い。

 

・尻尾ヤミラミ
サイドンのメタバをスカされた挙句、トリルエースのオニシズクモにトリックで渡された。

 

〇感想

普段見向きもしなかったポケモンを真剣に考えられたし、ランクマで全く見ない個体と対戦できてかなり新鮮で面白かったです。

次はランクマで結果残せるよう精進します。